年会費が無料のクレジットカード

クレジットカードにも種類がたくさんあり、銀行系のカード、ショッピング系のカード、航空系のカード、ガソリン系のカード、その他にもたくさんのカードが存在しています。そうしたものの中でもいろいろなランクがあり、かなり年会費のかかるゴールドカードや一般のカードなど分かれています。そして多くの人が利用しているのが年会費が無料のカードであり、持っていてもお金がかかることがないのでとても便利なのです。年会費無料のカードは使わなくても費用がかからないものと、一定の買い物の金額をすることで無料になるものがあります。

年会費が無料のクレジットカードというのは有効期限も長いものが多く1度作れば有効期間は5年あるいはそれ以上のものもあるかもしれません。そしてそうしたカードを作ることで買いものがしやすくなるので消費者としてはお得以外のなにものでもありません。たまたま現金があまりなかったために欲しいものが買えない、それで銀行にお金をおろしに行くということもあったかもしれませんが、クレジットカードがあればそのようなこともまずないといえるのです。そして年会費無料のカードというのはそれほど審査が厳しくないという面がありますので、比較的誰でも作ることができるものです。とりあえずカード会社とカードを作りたい人とが信用の関係で結ばれるので基本的なところはチェックされるのですが、正社員として働いていなくてもカードが作れる事が多いです。

そして年会費無料のカードはショッピング枠というものが設定されていて、どちらかというと低めに設定されていることが多いです。20万円までとか、50万円までといった感じです。とはいえ、この金額は1年間トータルの金額ではありませんので実際はもっとショッピングとしてカードで支払いができるのです。

いずれにしても年会費無料のクレジットカードはいろんな場面で活躍しますし、なくてはならないものであり、多くの人は1-2枚は持っているものです。お金借りる以外でもガード現金化などもできる場合もあるので侮れないですよ。


情報伝達の最も良いスタイルが必要となる

より良い条件で仕事をしていこうと考えると、ネットビジネスというスタイルを考える事があります。これは、仕事のすべてをネットの中で完結していくという考え方であり、作業するスタッフも特定の場所に集まらなくても仕事ができるのです。

最近はネットクラウドという考え方が一般的になってきており、各担当スタッフが持ち歩いているパソコンの主要なデータをネットにアップロードするのです。

常に、クラウドに集積されているデータファイルは最新に更新されるようになっており、各スタッフが大きなプロジェクトファイルの一部分を所有していて、そのデータが更新されるとクラウドサーバーにアップロードされるというワークスタイルとなります。

なので、どこにでもネットにさえつながっていればネットビジネスのスタイルで仕事ができるので、情報収集がメインのスタッフの場合は、ネットに接続している状態のパソコンを所有して様々な場所で作業することが可能になります。

これは、遠くの場所まで取材に行ったり、写真を撮影したり、開業した内容を広く伝えたりするようなインタビュアーなどの仕事をする人の場合はとても重宝するスタイルになります。

そして、デザインや文書などを作成するクリエイティブな仕事をするスタッフの場合も、作業の内容をクラウドサーバに接続するとすぐに多くの人がチェックできるので、クライアントに現在の状況を報告するのもたやすくなってくるのです。

そんな感じで、ネットビジネスで仕事をメインにこなしていくというスタイルが一般的になってきました。情報を共有するという基本的な考え方から、メールで情報をやりとりするといった方法よりも、プロジェクトファイル自体を1カ所にまとめてしまう事がとても仕事の効率アップにつながります。

将来的にはネットビジネスはすべての企業が当たり前にやっていく基本になっていくはずです。そして、更に効率的に仕事をこなしていくために、さらなる良い方法を見つける必要があるはずです。


商品を試して収入にもなるお得な主婦の副業

主婦の副業としてオススメなのは無理なく時間もかからず、さらに生活に密着したお得感のあるものです。ちょっとしたお金持ち 生活が送れる副業です。中でもオススメなのが覆面調査員のお仕事です。
覆面調査員は主婦の副業として人気の高いものだと思います。副業を探された方は何度も目にしたことがあるかもしれませんが、比較的、全国的に常に募集しています。

間口が広く挑戦しやすく、応募もしやすいものです。お仕事内容は飲食店などへ行き、接客の仕方やお店の雰囲気、料理の盛り付けから清掃がきちんとされているかなどをチェックするんです。
もちろん覆面調査員だと気付かれてはいけませんから、一般のお客さんと同じように振る舞いながら、わからないようにチェックする必要があります。

調査表などの持ち込みも出来ないそうで頭で覚えることになりますが、慣れてくれば問題なく行えることでしょう。また、この副業のメリットはそのお店の商品を食べたり、サービスを受けたりしながら、他に収入にもなる点です。飲食店巡りが好きな方や、新しいメニューに目がない方など、趣味と実益を兼ね備えた副業として行えますよね。もちろん仕事ですから、厳密にきちんと行わなければなりませんが、主婦の副業としては取り組みやすいものではないでしょうか。

また、同じように実益を兼ね備えたものとして商品モニターの副業があります。皆さん、生活費や雑費を少しでも節約したいと考えていますよね。どうしても購入しなければならないものを、商品モニターとして購入すれば、モニターの口コミを書くだけで、商品価格がぐっと安くなったり、商品分のポイントがもらえたりします。実質無料というものですね。このポイントを現金に換金すれば、その分収入になりますから、とてもお得ですよね。

節約を考えていると新しい商品を試したり、使ってみたい化粧品を躊躇したりということもあると思いますが、商品モニターなら新製品をどんどん試せたりするので、新しいもの好きの方や色々なものを試したい方にも向いていると思います。


海外生活で小銭を稼ぎたいという人にぴったりなネット副業

今は若い人だけでなく、仕事をリタイアした夫婦が海外で第二の人生を楽しむという人たちが増えています。海外生活は日本よりも生活費が安く、かつゆったりとした雰囲気で暮らせるので人気があるようです。今日はそんな海外生活をしていてちょっとした小銭を稼ぎたいという人にお勧めなネット副業について記したいと思います。どんな方法があるのでしょうか。
まず、お勧めするネット副業は翻訳です。すでに海外生活が長く外国語が流暢に話せるのであれば、翻訳の仕事は魅力的です。さらに企業にとっても実際に現地の生きた言葉を日々浴びている人に翻訳してもらうことには大きなメリットがあります。それで、もしあなたがすでに外国語を習得しているのであれば、今ではネット副業として翻訳を行うことが可能です。また、翻訳の仕事をすると、すでに海外で生活していて言語に問題を感じていなくても、普段使わない単語などを学ぶことができるので、自分自身の語彙を増やすこともできます。
次にお勧めする方法は何でしょうか。先ほどの翻訳はある程度技術がないとできませんでしたが、この方法は誰にでもできます。それはクラウドサービスです。クラウドサービスとはオンラインで仕事ができるサービスのことです。クラウドサービスの会社が仲介して、様々な仕事をオンライン上で依頼し、発注します。自分にできそうな仕事があれば、それを受注して、完成し、報酬を得ることができます。中にはある程度の技術が必要なものもありますが、それ以外にもライティングなど技術がなくてもできる仕事がたくさんあります。
このように海外生活をしていても小銭を稼ぐことができる副業はたくさんあります。もちろん、ここで述べている副業はどれも小銭程度です。がっつりと稼ぎたいという人にとっては物足りないと思います。しかし、海外生活の中でちょっとでも日本円を楽して稼ぐことができると非常に助かるものです。かつ、今回の方法は誰にでもできるものもあります。まずはチャレンジしてみてください。


在宅で働いている人が羨ましい!

35年間生きてきて、わかったことが一つあります。自営業として在宅ワークをやっている人間が羨ましすぎる。在宅ワークをやっている人からしたらこの言葉はひがみに思われるかもしれませんが、私はこのことに確信をもっています。私は大学卒業後、会社に入り、そこで一生懸命働いてきました。時には泣きたいほど辛い時もありましたし、殴られたことだってありました。何度も辞めようと思ったほどです。しかしその度に踏みとどまり、唇をかみしめて、人間として成長してきたのです。
在宅ワークで生計をたてている人間というのはそういった経験がないようです。大学卒業後すぐ在宅で働いている人間なんて羨ましすぎます。ただ在宅で稼げる仕事をして月収300万稼いでいようと、年収が億こえていようと、社会に出て実際に人と関わってきていない人間はいつか絶対どこかで騙されてしまうかもしれません。どれだけお金をもっていたとしても、社会でもまれてきた人間に一度騙されてしまったらそれだけで全てがパーとなってしまいます。社会経験のためにも、一度は外に出ておくべきかもしれません。
私は別に上に述べた理由で在宅ワーカーを非難しているわけではありません。私の経験上ですが、在宅ワークで生計を立てている人というのは、会社で働き、生計をたてているサラリーマンを馬鹿にする傾向があります。会社に飼われていないと、金を稼ぐこともできない無能であるとみなしている人がとても多いのです。私からしたらそれは間違いだと思いたいのです。確かに私は毎日満員電車に揺られて会社に行き、そこで働くことでお金を得ていますが飼われているという認識は全くありません。私は会社に雇わせているのです。在宅ワーカーは会社で働いている人間を社畜と呼ぶかもしれませんが決してそうではありませんと言いたいです。勿論在宅ワークに興味がないわけではありません。それで300万もかせげるならこんな夢みたいな話はありませんから。いろいろ決めつけたようなことを言って申し訳ございません。ただうらやましいだけですから(笑)


俺がネット副業の魅力をつらつらと書いてみた

ネット副業のいいところはたくさんあるんだけど、やっぱり空いている時間を有効に使えることかな。趣味の一つでも持っていればいいのかもしれないけど、俺の趣味は晩酌くらいだよ。

まあ晩酌が趣味というのか趣味といわないのかは置いといて、最近はネット副業に精を出している。これが結構稼げるものだがから、馬鹿にはできないんだよな。

俺って見ての通り文章力は一線級なのは読んでいただければ分かると思うけど、その文章力を活かして、今はランサーズという仕事サイトで記事を書いている。タスクという作業で質の高い記事を執筆してなにやらフリーライターの気分を満喫している。

たまに書き続けているとペースが上がってしまいドラゴンボールのスーパーサイヤ人みたいにパワーアップしているような感じになる。スーパーサイヤ人というのは、普通のサイヤ人を100倍くらい強くする変身みたいなもんで、そんな感じになるんだ。ペースアップすればそれだけ時間効率的にいいので、稼ぎも上がるってわけ。

でもそんなスーパーサイヤ人並の実力派の俺も、たまに気が乗らない時があるんだよね。そんなときは全然やらない。全然やらなくても怒られないのがタスクワークというネット副業の魅力だよね。どうやらスーパーサイヤ人と同じようにゾーンに入っている俺はその状態を維持し続けるのは困難のようだ。俺って切り札を持つ主人公みたいでかっこいいよな。

あとネット副業は慣れも大きくて、初めは稼げないかなと思っても、時間が経つたび、やり続けていく度に作業速度が上がっていく。これを知る前にやめてもらいたくないなと本音も書いてみる。ライバルが増えるからあまり書きたくなかったが、なにせ今日の俺は最高に気分がいい。副鼻腔炎の調子がいいからだろうか。プリズンブレイクの主人公じゃないんからとツッコミを入れてくれた人、あなたはセンスあるね。

さて、これからタスクを少しやってみようかな。
今日はスーパーサイヤ人になれれば捗るけど果たしてどうだろうか。


在宅ワークで妊娠中の経済的ピンチを乗り切ります

今は旦那様のお給料だけではやっていけない時代です。私も結婚後も独身時代の職場で働いてきました。ずっとその職場で働き続けたいと思っていたのですが、妊娠した途端に、なんだか風当たりが強くなってしまったのです。退職しろとまでは言われませんが、なんとなく産休に入るのを迷惑がっているような雰囲気が漂っていました。会社自体に幻滅してしまい、この先もずっとこの会社で働くのが嫌になってしまったので、自分から退職することに決めました。
退職してさっぱりしたのは良いものの、やっぱり経済的なことを考えると暗い気持ちになります。出産してから仕事探しをするとしても、なかなか大変な道のりになるのは目に見えています。それに、良い企業に巡り会えれば良いのですが、必ずしも巡りあうとは限りません。それならば、いっそ自宅でできる在宅ワークで仕事をしようと考えるようになりました。
幸い、社員時代にパソコンを使っていたので、ネットやパソコン作業に対する不安はありません。ネットで色々と探してみると、在宅ワークを紹介してくれるサイトがいくつもありました。とは言ってもそこはネットの世界。怪しげなサイトから突拍子もないサイトまで、様々なサイトがありました。それらの中から自分に合いそうな、信頼のおけるサイトを選んで登録することにしました。
自画自賛になりますが、私のスキルが高かったのか、すぐに自分にあった在宅ワークを紹介してもらえることになりました。普通のデータ入力の仕事ですが、妊娠中でも座りながら作業できますし、基本、家の中で一人で仕事ができるので、誰にも気兼ねすることなく伸び伸びと仕事ができます。在宅ワークは自分にあっている働き方だな、としみじみ思いました。
今は妊娠中なのである程度仕事をセーブしていますが、出産後はもう少し仕事量を増やして、少しでも家計の助けになるよう頑張っていきたいと思います。今のネット社会の中では色々な働き方ができるので嬉しい限りです。


仕事の後に仕事をする

・仕事の後は仕事をします
私は、仕事が終わったあとも自宅で仕事をしています。と言っても、昼間にやっている仕事の残りを自宅でやっているわけではありません。私には副業にしている仕事があります。それは簡単に言うと記事書きの仕事になります。いわゆるネットライターです。ネットライターとは、インターネット上にあるサイトの記事を書いたり、コンテンツの記事を書く仕事になります。私はネットライターをバイト感覚でやっていますが、毎月12万円くらいは稼いでいます。その分プライベートな時間は減りますが、貯金は増えていく一方です。つい先日終わったゴールデンウィークも私は、自宅でひたすら仕事をしていました。混雑していることがわかってて、出かけるよりも、自宅で仕事をしている方が良いと感じたんです。おかげで、今月の稼ぎは結構行きそうで楽しみにしています。

・会社員の副業として
私はとある企業で正社員として働いています。なので、公にバイトをすることもできません。それが正社員の宿命と言うものです。ですが、自宅できる在宅ワークなら、会社にバレることもありません。誰にも迷惑を掛けることなく、自分でやった分だけがお金に変わっていくんです。こんなにわかりやすい仕事は他にはないと思います。ネットライターになりたての頃は、まだ早く記事を書くこともできませんでしたが、今では、1分で100文字程度書けるようになったので、かなり稼げるようになったと感じています。メインにしている仕事も、パソコンを使う仕事をしていますが、今までブラインドタッチを練習しようとも思いませんでした。ですが、ネットライターの仕事を初めてから、ブラインドタッチの技術を練習し、今ではキーボードを見ることなく、スラスラとタイピングできるようになったので、メインにしている仕事でも、かなり良い影響を受けています。これからも会社員の副業として、ネットライターを続けていこうと考えています。


よりメリットのある会社員の副業を捜す

最近は、地域の求人情報はネットで簡単に調べる事ができるようになりました。一部の地域では地元の求人情報誌に求人を依頼する企業が多かったのですが、最近はその求人情報誌の情報は、ネットでも閲覧出来るようになっているのです。

なので、求人広告を依頼する側も成果報酬という考え方になっているようなのです。そうなってくると、仕事を探している人達は、無料でよい仕事を選ぶ事ができるようになります。

ただ、このような求人情報誌に掲載するような仕事の多くは、給与の高い仕事が掲載されることはあまり無いのです。なのでそれらの情報を元に高収入を狙っていくのは間違っている選択になります。

どうしてもよい仕事が見つからないのであれば、現在の仕事はそのままにした状態で、会社員の副業を目指していくという事が良い選択だと言えます。

現在の仕事を継続しておくというのは、最終的な仕事をキープしているという意味でも大事になります。不満があるからと言ってすぐに退職してしまうと、次の仕事が見つからないということが多くあります。

なので、自分の納得の収入になる足りない部分は会社員の副業でカバーするというパターンにしていきます。しかし、メインの仕事を続けながらのサブの仕事となるので中身は違った内容の方が有効となります。

例えば体力を使うような仕事をしているのに、会社員の副業でも体力勝負の仕事をすると、週末で休めない状況が続いてしまいます。なので、体力関連の仕事を両方するのではなく、一つはパソコンのキーボードを叩いているような軽作業の仕事が有効になります。

そこで割と有効な考え方としては、健康食品やエクササイズグッズなどをホームページで紹介する健康サイトを作る事です。最近は健康ブームなのでそのサイトを運営しつつ広告タグを設置するという方法が有効になってきます。

会社員の副業としては、ちょうどベストな範囲であるといえます。サイトを作る時間が必要になってきますが、それほど時間をかけずに利益を出せるよい方法となります。


ブログ更新を続けるのは大変

ネットでブログなどをやる人はたくさんいます。ブログもTwitterもFacebookもLINEも、なにもやっていないという人のほうが少ないくらいです。
しかし、しばらくやっているとなんとなく手応えがなくなってくるものです。コメントなどを書いてくれる人がいても、それほど頻繁にやってくれる人もあまりいません。
そういうとき、アフィリエイトを使うといいかもしれません。
アフィリエイト広告を出すことで、そういう広告をクリックしたり、広告から商品を購入してくれたりすることで売上の一部が収入として得られます。たくさん売れればたくさん収入が得られるので、お小遣い稼ぎにはちょうどいいでしょう。
商品が売れるだけでなく、サイトを一回表示してもらうだけで得られるアフィリエイト広告もあるので、気軽に始めることができます。手間自体も、そういう広告がたくさん集められているサイトに入会することで、手軽に利用することができます。
とはいえ、そういうつもりでアフィリエイトを始めている人は多いので、収入を得ようと思うと実際はなかなか大変なのですが。アフィリエイトをやっている人の全体で、一ヶ月に3000円以上の収入を得ている人は、数パーセントしかいないと言われています。また、3000円とか、それくらいにならないと収入が支払われないということもあるので、数百円しか収入が入ってこない段階でやめてしまうという人も多いということを考えると、実際に広告を貼って収入を得てお小遣いの足しにしている人はなかなか少ないという実情もあります。
ただし、ブログを熱心に更新するのは三ヶ月まで、というデータもあります。ですから、そもそも継続してブログを更新できるという人が少ないために、収入を得られる人がいないという結果になるということもあるので、まずは、継続的に、毎日一回の更新を一年くらい続けているかどうか、やってみなければわからないでしょう。
結局、継続が大変だから広告を貼ろうとしても、その結果が出るまでには継続をしなければならないわけで、なかなか大変です。


1 2